SIANCE

新潟から県内、全国へ向けて頑張っている企業をWebの力で応援したい

2014年新卒入社
Webマーケティング部 制作課
Web企画ディレクター チーフ
高橋 美帆
MIHO TAKAHASHI

現在の仕事内容を教えてください。

営業が獲得してきたWebサイトの案件に対して、お客様の要望を叶えるための企画と提案を行っています。

「会社の事業の認知度を高めたい」、「お問い合わせを増やしたい」、「採用力を強化したい」など、お客様が抱える課題はさまざまで、それをWebの技術でどのようにサポートできるかを考えます。そして、現状を分析し、施策を考え、お客様へプレゼンをします。また、プロジェクト進行中もお客様との折衝や制作物の品質確認を行い、Webサイトが完成し公開した後も、新たなご相談に乗ってお応えします。

このように企画ディレクターはプロジェクトの始まりからその先まで、ずっとお客様をサポートする立場となります。

入社のきっかけを教えてください。

幼い頃から音楽や美術が好きで、何かを作ったり表現することに楽しさを感じていたこともあり、いわゆるクリエイティブな仕事をしてみたいという想いを抱きながら就職活動をしていました。その過程で、Webサイト制作という分野の存在を知り、幼い頃から身近だったインターネットが仕事になるのか…と興味が湧きました。

大学のキャリア関連のイベントに当社の社長が出席していて、そこで初めてシアンスを知りました。ちょうどITという分野に興味を持ち始めた時期だったので、会社説明会や選考会に参加。先輩社員の姿や社風を見て、自分が働いているイメージを強く持てたので、入社を決めました。

この仕事をしていてのやりがいを教えてください。

さまざまな業種のお客様の力になれることです。特に企画ディレクターは、提案段階から制作期間、公開後の運用まで、お客様と一緒にプロジェクトを進めていくため、直接お悩みを聞けたり、解決したときに感謝の言葉をいただけます。

また、シアンスでは若いうちから仕事を任せてもらえる社風なので、仕事に対するモチベーションを高く持っていられます。入社1年目の時、他社に入社した友人が半年間研修をしていたのに対し、自分は3ヶ月目には企画書を作り、直接提案に行かせてもらっていました。すべてが自分の責任になるので、大変な面もありましたが、とても手応えを感じられ、今につながっているのだなと思います。

逆に大変、困難だったことは?

企画ディレクターは、自分の仕事の結果がダイレクトに返ってきます。

ある案件で、何とか納期までに公開はできたものの、初めて経験した規模や分野だったために、公開してからさまざまな問題がでてきてしまい、制作もスムーズとはいえない進捗でしたので、お客様やプロジェクトメンバーに不安を抱かせてしまったことがありました。

納期を守ることはもちろん大切ですが、それよりも大切なのは「お客様に満足してもらえるWebサイトをつくること」。Webという目に見えないものを扱っていても、最後は信頼関係になってくるので、社内はもちろん、お客様の想いや、今後仕事への取り組みに対してどうあるべきかをとても考えさせられた経験となりました。

この仕事はどんな人に向いていると思いますか?

常に相手のことを考える気持ちが持てる人ですね。

お客様がやりたい!と考えていることに対して、「どうしてそうお考えになったのか?」「もっと良い方法はないか?」「この説明でご理解いただけるか?」など、自問自答の姿勢が必要です。

また、プロジェクトの始まりから関わるため、自分事と捉えられ、責任感を強くもてるかどうかも重要かなと思います。

今後挑戦したいことを教えてください。

時間も場所も関係なくアピールできるのが、Webという媒体の魅力だと感じています。

生まれも育ちも新潟の私は、入社前から規模の大きさに関わらず、ここ新潟から県内、全国へ向けて頑張っている企業をWebの力で応援したいと思っていました。

これからもそのようなお客様を増やしていき、胸を張って「これが自分の代表実績!」と言えるような企画を生み出していきたいです。

最後にシアンスの好きなところ!

普段から和気あいあいとコミュニケーションが活発なところですかね。もちろん仕事をするときはみんな真面目ですよ。年齢、性別、役職関係なく社員同士の距離が近く、オフモードのときは談笑が耐えないこともしばしば。

また、一人ひとりが個性的で様々な趣味趣向をもっていて、それをオープンにできるところは、シアンスの社風であり、魅力の一つですね。

1日のスケジュール

9:00 出社
9:30 朝会
制作課全体、あるいはディレクターで共有事項や案件の進捗確認を行います。
10:00 業務開始
アポがある日は、お客様先へ訪問。アポがない日はタスクを整理して、お客様やプロジェクトチームへ指示をだします。
12:00 昼食
基本はお弁当を持参していますが、パンが好きなので、時々最寄りのパン屋で購入して食べることも。その後はお昼寝をします…
13:00 業務再開
資料作成や同行者(営業だけ、もしくは制作課のディレクターの同行が多い)との打ち合わせなど
16:00 確認作業
タスクがひと段落しつつ、今日中にお客様へ連絡すべきことで抜けがないか確認。メールや電話をします。
18:00~20:00 退社
今日のタスクの進捗を見て、もう少し業務を進めるか、明日着手するかを決めます。事前に予定がある場合は潔くあがります。

先輩社員紹介一覧に戻る